クレジットカードを店舗等において使う時に、体験があると察しますがレジのスタッフが理解していないためにどの紙を利用者へ提示するべきか迷う時があるはずです。

といいますのも、クレジットを使用すると、機械の方から複数の利用レシートが吐き出されるからでしてこれらのうちどちらをお客さんに対して渡したら良いか迷ってしまうというものだ。

数枚の利用レシートについて→これらの3枚1組の使用明細の正体とはは?についての概要は、以下の通りです。

1お客様へ渡す使用レシート。

2店舗控え利用レシート。

3カード会社控え使用明細(サインする明細)。

普通は例外なく利用者に対して渡す用の使用明細の方をもらうはずなのですが、時には、別の利用明細を利用者に対して誤って渡してしまうという場合やサインされた明細自体を渡してしまうという事例も見受けられる。

特に時間給従業員などやあまりクレカが使われるケースの少ない店頭の会計にてクレジットを利用するとこんなレジ担当者の動揺が垣間見ることが出来るようです。

従業員が違う方の使用明細を渡そうとしてきたときは、親切に「これは違いますよ」などと教育してあげて欲しいです。