思いつきもせず突発的に出あってしまうのが車の事故です。http://beautiful7.hatenablog.com/

ここでどのように行動したかにより、車の保険料の受け取りも相当大きく変わってくる場合も予想できますので正しい判断と対応が求められます。http://xn--kckj2hwc8b7e.xyz

予想外のアクシデントに巻き込まれて慌ててしまえば重大な状況を見落してしまい、その先自らがとても大きな損をしてしまうことも考えられるので乗用車の事故をしてしまった場面では冷静に以下に述べる対応するようにするとよいでしょう。ブブカ ヤフーショッピング

自動車の事故を起こしてしまった場面で最も初めにするべき事は怪我人の確認です。ブライダルエステ 静岡 人気

事故のすぐ後は頭が混乱してぼうぜん自失となってしまう場合がありすぐに行動できないのが一般的です。新生児 便秘

怪我をした人がいた場合は危なくない地点へ移動してから応急処置して119番通報するなど救助の最優先に努めることが大事です。ライザップ神戸

119番通報する場合には的確な場所を伝え不明な場合には周辺の有名な建物や交差点を伝えて事故の現場の住所が判断できるようにします。

その次に110番に知らせ、事故が起こった事、そして様子を話します。

救急車と警察が来るのを待つ内に相手側の内容をチェックします。

名前、住所、TEL番免許ナンバープレート、相手側の自動車保険の会社名という自分だけでなく相手の情報を交換します。

その時に事故の相手に違反が存在する状況では、即刻やりくりしようとする状況が考えれますがすぐに片付けるのではなくどのような場合でも警察署や車の保険会社知らせて公平に調査してもらう事が必要です。

各々の身元を教えたら他者のじゃまにならないために障害物を道路の上から除去します。

どうしても邪魔な物が他人の交通の障害物になっている状況ならそれぞれの情報交換をするよりもその作業をしても大丈夫です。

ここで自分の加盟している自動車の保険会社に連絡を入れて、車での事故を起こしてしまった事を電話します。

事故から特定の期間の内に自動車の保険会社に知らせておかないと自動車の保険の適用除外となる状況もあるので気がついたら遅れることなく電話をすることが必要です。

可能であれば証拠になるように、デジカメや携帯電話のカメラ等で事故の現場や自動車の破損箇所が分かる写真をを写しておきます。

この証拠写真は過失の割合決める時にとても重要な証拠となるので己の自動車や相手の乗用車の破損箇所をきちんと手がかりとして残しておいてください。

この状況で第三者がいたとしたら警察の方や保険会社の人が到着するまで事故の現場に待って頂くように求めることも忘れてはいけません。