外為取引の投資についてのターゲットは世界各地の貨幣でしょう。78-11-40

貨幣に関して学んでいこうと計画しています。78-13-40

・貨幣には「基軸通貨」とよばれるものが存在します。78-12-40

基軸通貨とは、世界各国間の決済において金融商品の取引に際して重視して活用される公式通貨のことを指しますが現状では米ドルであります。78-6-40

昔日は£(イギリスポンド)基軸になる通貨だったのですがアメリカ合衆国ドルになったのです。78-3-40

・FXで売買される流通通貨の種類については、他で言う外貨の投資に比べてすごく頻繁というのが特殊性というのがあります。78-20-40

FX業者により扱う公式貨幣の種類は異なってますが、一般的には20種類前後の模様です。78-1-40

流動する性質が高い公式通貨をメジャー通貨と言います。78-10-40

変動性が高い数値という意味は、売買が行われておるという事であり公式貨幣の売買が簡便なことです。78-5-40

メジャー通貨にはお話した基軸の通貨のアメリカドルに、日本の円、EUROの3種が存在しており、世界三大通貨と呼ばれております。78-9-40

英ポンド、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されております。

これらの通貨以外の流動性があまりない通貨はマイナー通貨と称されてかなり経済に関するパワーが乏しい国の貨幣で南アフリカランドやシンガポールドル、ポーランドズロチ、トルコリラなどが重要な通貨については物流されてる数が多いというのもあって、値動きが落ち着いていて、ニュースの数も多くいきかっているようです。

マイナー通貨については、金利が高い額な場合が多く、値動きがかなりあるそうです。

値動きが大きいという事について、多大なもうけを利得するタイミングがありますが利益を得る機会がある分リスクも大きくて不安定です。

加えて流動性があまりない貨幣という訳ですので、売買を完了したいと思ったときに終了決定が不可能であると予想される事があるでしょう。

何の通貨をえり好みするのかという事はそれぞれの貨幣の特色を詳しく調査してから取り組む必要があるのではないかと思いました。